スタッフブログ

2021.05.27

第334話:メスティン

 まいど、営業カギヤマです。

今年は例年よりかなり早い梅雨入り…。
フツーなら残念に思いますが、今年はコロナ感染を思うとそれで良し。宣言延長も現状だとやむなしかと。
しかし実際休業支援金も遅れ、生活に困ってる人を思うと心が痛みます。
そんな中、昨日のニュースで日本◯師会 中◯会長がまだTVに出てきとる…。
「政府にあらためて具体的な対応策を示していただきたい」などと?どの口が言っとんねん!?
まずこういう上に立ってる人こそ自分を律してもらいたいもんですね、吉村知事の様に。

さて今回は趣向を変えて、写真の少ないブログにしてみたいと思います。
今年のGWは、毎年恒例の高圧洗浄機で玄関やテラス屋根をキレイにしたり(過去ブログ第158話参照)、
晴れた日はガレージで食事、バーベキューしたりと(過去ブログ第284話参照)、昨年のパターンで過ごしました。
そして連休前に買ってみたのが、メスティン。
いつからこんなのが出だしたのか…最近キャンプ飯とか言っていろいろなところで見るので気になってました。
僕らの時代は飯盒(罰ゲームはだいたい4合飯を1人で食う)、それからコッヘルへと変わっていきました。
水加減も先週の渋沢篤太
夫みたいに測っていた時も。
それがこんな弁当箱みたいなモンで弱火で?(固形燃料なんかの火力で出来るのか…疑わしい)

さて実験です。笑
1回目:ガスコンロで白飯→お、フツーにカンタンに出来るやん(時間かかるけど…)
2回目:ガスコンロでチキラー飯→生卵かけてきざみネギ載せて「思ってたより美味いやん!」
3回目:100均で買った固形燃料で焼鳥缶詰とお吸い物の素を使った炊き込み飯→自分が適正と思った高さにセットしたつもりやけど案の定火力不足で吹かない…BBQの炭火で炊き直しリカバー。ん〜まぁまぁかな。
4回目:山登ってバーナーを使い3回目と同じ飯→「超ンマ〜!!

ソロで出先なら調理してそのまま食べられて、帰ってから洗うにしてもフタを閉めたら他のものを汚す心配もない。
長方形はリュックに収納するにもかさばらないのは◯
また今度、違う簡単レシピ拾ってやってみようかな♪

    
やはり写真が無いと説得力が無いので、最後に載せておきます。笑
いくら言葉を並べるより、写真や動画は饒舌です。(^人^)
コロナ禍でもそれなりに充実した時間は過ごせるもんですね。
まだまだ長引く状況ですが、ワクチン受けるまで気を抜かず頑張っていきましょう。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

私は中学時代、似合わないですが「ワンダーフォーゲル部」
約35年前くらいですかね?それに比べれば物凄い進化ですね!
飯を炊くには「飯盒」以外、なかったですからね!
しかし、底にくっついた「焦げご飯」美味かったなぁ~!!
使用後の汚れ落としも非常に簡単そう~。

  • ※野
  • 2021.06.09 17:34

ぼっちキャンプに行きたくて仕方ないんですけど、
道具を揃えるの大変だし、
そもそもキャンプに行ったことないので、
どうしようか悩んでいます。
何かいい方法はないでしょうか?

  • チャン
  • 2021.06.01 18:13

炭火焼きは最高ですねー
電気<<ガス<<<<<<炭

片付け大変ですけど、この季節は毎日BBQしたいです。

  • うどん人
  • 2021.05.28 17:36

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
  • やまとカーボン社スタッフブログ
  • やまとカーボン社東京営業所スタッフブログ
  • 伝票印刷専門通販サイト伝票百貨店
Facebook Instagram Twitter
ページの先頭へ