スタッフブログ

2020.10.29

第307話:事業者応援商品券

 まいど、営業カギヤマです。

先月アップしました国勢調査ですが、無事完了してます。返答は最終9割越え? 
あからさまな居留守やハッキリ出さないという家も居ましたが、まぁ結果いい方でしょう。
感謝状が送られてきました(もちろん嫁の名前です)
そして今月、私の地元では事業者応援商品券(ウィズまろ券:一人4,000円分の金券)が各家庭に郵送配布されてきました。
これはその名の通り地元の消費を喚起するため、プレミアム率のある商品券を希望者が買うのではなく、もらえてしまうというありがたいモノなのです。
その半分は「一般券」として地元登録店舗のどこでも使えスーパー等日常の買い物でもいけるのですが、もう半分は「地元再発見」ということで使える店を制限。
これを機に今まで意外と行くことのなかったお店へ足を運ぶキッカケにもなります。
A4の1シートにミシンが入り500円×8枚。
製本は断裁仕上げのみなので、欠番の対応もしやすくコストは抑えられています。
全世帯への発送費はかかってるものの、仕様は非常に合理的で税金の使い方として好感が持てますね。
そしてなにより誰にも均等に恩恵に与れるというところがイイ。
我家は商品券の最も望まれる使い方、全額飲食店で少しずつ使う予定にしてます。
地元ではコロナ感染で70代の方1名が亡くなっているとの情報もありますし、対策はしつつも)


さて、今週末日曜はいよいよ大阪都構想住民投票。
私は大阪府民で投票権はありませんが、個人的には賛成派です。
これまで大阪を良くしようとしてきた維新が2度挑戦する訳です。逆にそれを求めない結果となると反対を投じた有権者は今後の市政に不満を言う資格すら無いんじゃないの?と思ってしまいます。
(大河ドラマ「麒麟がくる」で室町幕府の姿を見てると余計そう思う…笑。個人的意見です。)
しかし、仕事目線で見ると…二重行政がスリム化されるのはいいが、ますますこれを機にペーパーレス化が進む懸念もありますね(^^;;
印刷業界としては悩ましいところでもあります。

まぁそれでも、「やっちゃえ、OSAKA!」(違)

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

貰えるってい~な~。
京都市もそうすれば良かったのに~。

しかし、印刷会社の仕事がどんどん減っていきますね~(^^;

  • チャン
  • 2020.11.20 20:34

形勢不利とみて多少アオった(誰を?)文面にしてみたけど、結果また僅差で敗北…。(~_~;)
どちらが正解になるのか今はわからないけど、後世の歴史が楽しみです。

  • カギ
  • 2020.11.02 19:30

コメントフォーム

カレンダー

«10月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • やまとカーボン社スタッフブログ
  • やまとカーボン社東京営業所スタッフブログ
ページの先頭へ