スタッフブログ

2020.07.31

第295話:生活様式の変化

まいど、営業カギヤマです。
先日、ショックなニュースが飛び込んできました。
あの「丹波の里やまがた屋」が11月末に閉店すると・・・。
京都圏内に住んでいる御年配〜私ら世代ぐらいなら必ず一度以上はお世話になったことがあるはず(データ無し。勝手な偏見)の名物ドライブインです。
私も記憶を遡れば、幼い頃は憶えてないので免許を取った25年前が最初…それから何度か、いや何度も立ち寄ってます。
しかし やまがた屋の歴史は遥か昔1960年、60年前⁉︎(@_@)
日本のモータリゼーションの変化に寄り添い拡大、改装を繰り返してきたドライブインですが、道の駅等競合する施設も増え、
さらに2015年に縦貫道が全線開通したことにより交通の流れが変わり(近くに「味夢の里」って高速からも下道からも入れる道の駅もあるし…)客足が半減。
そしてコロナの影響が追い打ちとのこと。その役目を終えようとしてます。

  
ニュースを知ってから友達とバイクで。それからまた家族を連れてクルマで。もうすでに最近2回寄ってしまいました。(^ ^;
店内に貼ってる歴史年表みたいなパネルを見ながら、いろいろ想いに耽ってました。
  
最近よく新型コロナがキッカケに生活様式が大きく変わると聞きます。
印刷業界で言えば「ペーパーレスが加速度的に進む」という名の高速道路やバイパス工事が目の前で始まるということです(?)
時代の波、取り巻く環境は止められません。
それはそれとして受け入れ、その中で自分達も少しずつでも変わっていくしかありませんね。
やまとカーボン社も創業60年をすでに超えています。これからこの先、何が出来るのか常に考えていきたいです。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

ええぇぇーーーーーーー!

遂にやまがた屋が閉店するのですねー

大変お世話になったドライブインが閉店とは寂しい限りです...
丹波の名品等を販売されており品数も多く良いドライブインでした!

残念です★

  • tetchan
  • 2020.08.04 15:17

私も大変お世話になったくちでございます。
コンビニが今の様にどこにでもない時代、
唯一の休憩所が山形屋でしたからね~。
懐かしいです☆

そういう所が無くなっていくのは寂しいですが、
実際には行けませんしね~。
やはり時代の流れには逆らえないのですね~。
悲しいね。

  • チャン
  • 2020.08.03 09:28

京都に来てからですが、私も何度かお世話になりました。
建物が平成初期って感じで好きでした。

  • うどん人
  • 2020.07.31 14:14

コメントフォーム

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • やまとカーボン社スタッフブログ
  • やまとカーボン社東京営業所スタッフブログ
ページの先頭へ