スタッフブログ

2020.07.27

第294話:悪魔の左足

 皆様こんにちは、営業の小泉です。
悪魔の左足とは、サッカーの元ブラジル代表である「ロベルトカルロス」さんの異名なんです。
日本の方には通称ロベカルで親しまれていました。
40代前後のサッカーファンなら誰でも知っている方です。

そしてロベカルさんは強靭な脚力を持っていました。
100mを10秒04で走り、中距離、長距離も誰よりも早く、長く走れる方なんです。(当時)

その強靭な脚力を武器に、時速140kmのシュートを放つという、
考えただけでも恐ろしいキック力をお持ちな方だったのです。
百聞は一見に如かず。一度YouTubeでご覧ください。
ロベカルさんのフリーキックを見て、
フランスの物理学者が、物理学を無視するかのようなボールの起動に驚いて、
研究材料にしたほどなのです(^^;
※後に物理学で立証されております。

今回は我が娘たちに、悪魔の左足のフリーキックを習得させるべく・・・というのは冗談で、
河原で缶蹴り遊びをしている時に思いついた話ですw

ロベカルさんはフリーキックを蹴る時、
かなり長い助走をとり、小刻みに走ります。
それを少しレクチャーしての挑戦です。
ご覧下さい。

 ⇒  ⇒ 
↑かなり遠い位置からスタート      ↑え!?右足!?           ↑キックはまあまあですね。


↑満面の笑みですw

左足っていうたのに~。
何も知識がない状態なので仕方ないのか・・・。

気を取り直して、次は下の子にレクチャー。

 ⇒  ⇒ 
↑雰囲気はバッチリ!        ↑はい、また右足です。        ↑フォーム的にはめっちゃナイス!

↑なんなのそのポーズ

左足って言うとるやんけ!!
まずもって右利きなので左足で蹴ることが難しいみたいです。(そりゃそうだ)
何回か挑戦しましたが全く出来ずあきらめました。
その後は、隠れるところが全くない河原で缶蹴りをして遊びましたw

いつも通りの外出ができない中での気分転換は難しいですが、
ひょっとしたら何も考えずに (もちろんソーシャルディスタンスを念頭に) お出掛けすれば、
そこにあるもので何とかなるのかも知れませんね。
思えば私が小さいころはとりあえず友達と会ってから何をしよう?って事が当たり前でしたし。

次はサッカーボール持参で、
エラシコにでも挑戦しようかな~と思います。

それでは皆様、ボン フィン ヂ セマーナ!
オブリガードございました!w

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

僕が小学生の頃に流行った缶蹴りは缶を隠してました。
逃げる側は缶を探すところからスタートするのでなかなかおもしろいですよ。
鬼は名前呼ぶシステムではなくタッチして捕まえます。

  • うどん人
  • 2020.07.29 08:29

コメントフォーム

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • やまとカーボン社スタッフブログ
  • やまとカーボン社東京営業所スタッフブログ
ページの先頭へ