スタッフブログ

2021.11.25

第347話:死に救済はない

こんにちは、営業の片山です。

今回は私が今最もはまっているゲームのご紹介です。
社内報では何度か書いたことがありましたが、このブログでは初めてになります。

その名も「デッドバイデイライト」、オンライン専用ゲームです。

 

 

このゲームを一言で言い表すなら、
「閉ざされたフィールド内での鬼ごっこ」です。

殺人鬼(キラー)は、
生存者を見つけ出し、所持している武器で攻撃することにより捕獲する(基本的に2回攻撃を当てる必要がある)。
捕獲した生存者をフィールド内にいくつか設置されているフックに吊るし、生け贄として捧げる(殺害する)ことを目的とします。

生存者(サバイバー)は、
フィールドにいくつか設置されている発電機を起動し、フィールド端のゲートを開いて脱出することを目的とします。
基本的に殺人鬼に反撃することはできないため、仲間と連携してフィールドのギミックをうまく利用しつつ、時に隠れ、時に逃げ回りながら目的を遂行していくことになります。

 

 

始めて1年3ヶ月くらいになりますが、ほぼ毎日プレーしてます。
大体1000時間くらいです。とにかく知識ゲームなので、何度も挑み、負けて覚える!という感じですね。
寝る前もYouTubeで勉強です。たまに夢の中でもチェイスしてますw

 

このゲームの面白いところは、何と言ってもキラーとの駆け引きです。
相手も人間(世界中の誰か)なので、全く同じ展開が無く、単純ですがかなり奥が深いです。

鬼ごっこではありますが、相手のキラーが映画「ハロウィン」のマイケルだった時は、
ホラーゲームということを思い出させてくれます。
本当に怖くてドキドキします。普通に叫んだりもします(笑)

 

「ハロウィン」、「エルム街の悪夢」、「SAW」、「悪魔のいけにえ」などの有名な映画とのコラボもしており
映画に登場する殺人鬼と対峙したり、忠実に再現されたステージでプレーできることも魅力のひとつです。

世界人口は1500万人とまだまだ少ないですが、グッズが出ても即完売するなど、コアなファンはどこにでもいるもんですね。
一緒にプレーする人大募集中です!やらなくてもYouTube見るだけで楽しいのでお時間ある時にぜひ!

 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

ピカピカさんへ

一応、貞子と伽椰子をイメージして作られた日本人キラーはいますよ。
凛ちゃんという愛称でみんなから愛されてます。
こいつがまた強いんですよねー。

  • うどん人
  • 2021.11.30 09:14

八墓村のTシャツを持っています(実は着たことがない)
日本の映画のキャラクターもあればおもしろそうなんですが

  • ブルースウィリスにちょっと似てる人(ピカピカ)
  • 2021.11.27 12:30

このようなゲーム体験は全くないですが、
夢の中で「ゾンビ」軍団に追い駆られている夢を見ました!
向こうの走るスピードはかなり速く、自分の走るスピードは
全く遅い感覚が残っています!!
皆さん、そんな夢の体感ありますか?私だけですかね?

  • ※※
  • 2021.11.27 11:44

片山さんに紹介されて私も始めましたw
購入前にYouTubeみてくださいと言われ、
実況動画を見ていて、面白そうだとは思っていたのですが、
実際にやってみる方が断然面白いですね~。
映像とか効果音がリアルなので、一人でやってるとホンマに怖い・・・。
手汗がハンパないですが、毎日やってしまう中毒感を久々に味わえて、
とても満足な日々を過ごしています。
紹介してくれてありがとう☆

胡散臭い商品のレビューみたいなコメントになってしまったwww

  • チャン
  • 2021.11.26 08:21

コメントフォーム

カレンダー

«11月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
  • やまとカーボン社スタッフブログ
  • やまとカーボン社東京営業所スタッフブログ
  • 伝票印刷専門通販サイト伝票百貨店
Facebook Instagram Twitter
ページの先頭へ