スタッフブログ

2018.08.31

第211話:近所の車窓から4

まいど、営業カギヤマです。
今月もいよいよ最終日、今年の夏も少しずつ終わりが近づいてきましたが、皆さんは楽しい思い出は出来たでしょうか?

今回のネタは名古屋の「リニア・鉄道館」メインの一泊家族旅行に、前々から行きたいと思ってて、
目的に組み込んだ「四日市あすなろう鉄道」と「三岐鉄道 北勢線」。
見たい、撮りたい、乗ってみたい! 笑

ナローゲージ(狭軌)と呼ばれる線路の幅が狭い電車が現在も走っているのは全国でもここだけしかありません。
まず一番にここを目指します=3=3=3

AM5時、倅は寝たままクルマに放り込み、出発。
6時過ぎ土山SAで朝食、8時頃にはクルマを停めて内部駅から四日市あすなろう鉄道に乗り込ります。
単線なので、線路の幅が狭いのが際立ちます。そして車両は…想像通り小さい🎵



これから乗る車両は冷房が無いようで…^^;
ん〜、現存して動いてるだけでも素晴らしいことやのに、暑いやらヘチマやら言うのはヤボなんやと勝手に解釈。
周りの乗車客も動揺してないし…)
倅を団扇で仰いであげ、涼しい顔をしてましたが…ん? 向かいのすれ違う電車を見ると
アレは結構新しい感じの車両やん、絶対涼しいわ」

四日市駅まで片道30分の短い道のりをすぐ折返すと同じ車両になるので、1本遅らせて乗ると
「めっちゃキレイやん!
しかも涼しくて快適♡」
当たり前のことを当たり前やと考えなければ、有り難みを再確認できますね。
小さな車両にアンバランスに大きなパンタグラフのユーモラスな姿、かなりゆっくりな運行スピード。
でも観光用でなく地域の足って
感じでした。


それから三岐鉄道はネットに載っていた撮影スポット2カ所へ。
最寄の楚原駅の時刻表を調べ、通過時間に備えます。
1時間に1本ぐらいの間隔で約20分ほど待って。

まずは「 ねじり橋」。
阿下喜駅側から来る黄色い車両を確認。ねじり橋を渡る瞬間を撮ります。


その後、「めがね橋」へ歩いて移動。

しかし逆方向の西桑名から来る車両が通過するのにあまり猶予はありません。
倅と手を繋いでのんびり歩いてたんでは間に合わん!
途中から倅をバッグを脇に抱え込むように抱いてダッシュ。笑

のどかな景色の中を走る三岐鉄道、癒されます。車窓を楽しむならこっちかな。
今度は是非乗ってみたいと思いました。

こうして始まった旅行。
午後からのメイン、そして翌日と、短くも充実な時間となりました。
それでは、まだまだ残暑厳しいと思いますが頑張っていきましょう。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

これから華ちゃんでの十八番はTRAIN-TRAINですね。
楽しみにしてます。

  • うどん人
  • 2018.09.26 13:23

ナローゲージなんぞいう名前を生まれて初めて聞きましたw
天気も良くていいですね~。
私もどっかいこ~。

  • チャン
  • 2018.08.31 20:30

コメントフォーム

カレンダー

«8月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
  • やまとカーボン社スタッフブログ
  • やまとカーボン社東京営業所スタッフブログ
ページの先頭へ